手続き

医師免許証への旧姓併記

2019/09/11

2019年1月から医師免許への旧姓併記が可能になりました。

これまでの旧姓利用

これまで旧姓で医師免許証を使い続けたい場合、医籍の訂正と免許証書換え申請手続を行い、

免許証の原本を添付する代わりに保健所で原本照合した免許証の写しを添付し、申請書の標題及び中段に記載している「籍(名簿)訂正・免許証書換え交付」の"免許証書換え交付"の文字をを二重線で消してください。

と案内がされていました。これによって医籍に登録されている氏名は変更されますが、旧姓のまま医業を行うことができました。

詳細はこちらの公式情報を確認してください。

平成31年から医師免許証に旧姓併記が可能になりました。

医師法施行規則等の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第131号)が、平成30年11月9日に公布され、また、医師法施行規則等の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第139号)が、平成30年11月30日に公布され、ともに平成31年1月1日より施行されました。

この改正により、免許申請関係の取扱要領等を定めた「医師、歯科医師、保健師、助産師及び看護師等の免許等の申請について(昭和35年4月14日付厚生省医務局長通知 最終改正平成30年2月26日)」も改正されました。

この改正により、医師免許証に旧姓併記が可能になりました。

合わせて申請書も更新されています。

旧姓利用の場合、これまでは医師免許証の記載事項と医籍検索が合わないため、勤務先が変わったりバイトに出たりする度に説明をする必要があり、さらに医療法に基づく立ち入り検査の際には毎度問い合わせを受けましたが、医師免許証と医籍の照合が容易になりそうです。

旧姓を記載するだけではダメ!ここを忘れず!

さて、新しくなった申請書をみてみましょう。

旧姓併記の希望欄などができました!ただ、注意が必要です。記載例にはこのように書かれています。

・免許証に旧姓の併記を希望する場合は、 旧姓併記の希望「有」を○で囲み、併記を 希望する旧姓を記入してください。 (旧姓の併記を希望しない場合は「無」を ○で囲み、旧姓は記入しないでください。)

・旧姓併記の希望に記載が無い場合は、 旧姓欄に記載があった場合でも旧姓併記を希望しないものとして取り扱います。

つまり、赤枠で囲った「旧姓併記の希望」欄に記載を忘れると旧姓併記がされません!

ここを忘れないようにしましょう。

旧姓併記の医師免許証で旧姓利用できる?

さて、旧姓併記の医師免許証が発行できることになりましたが、この医師免許証で旧姓利用できるのでしょうか。

残念ながら、ネット上に情報は見当たりませんでした。

<2019年9月11日追記>

2019年3月末に申請した旧姓併記の医師免許証ですが、8月末にようやく完成して受け取りできました!3月末は新規申請が多いとのことで、後回しにされてしまいました (^_^;)

-手続き