手続き

旧姓での産業医申請

旧姓での産業医新規申請にチャレンジ

日本医師会認定産業医の新規申請を旧姓で行ってみました。

現状と問題点

申請をする前に危惧していた点がありました。

それは、健康保険を医師国民健康保険組合(以下、医師国保)にしているため、やむなく医師会への届け出が旧姓ではなく新姓にしていたことです。

そもそも、地域医師会に「旧姓で勤務を継続しているため、医師国保に提出する名前は新姓として、医師会での活動は旧姓とさせてもらいたい」と申し出た時に、「そのような前例はないので、医師会への登録も新姓としてください」と言われたことが問題の発端です。

もう少し上の医師会に確認すればよかったのですが、医師会は旧姓で登録できないのでしょうか??

医師会への氏名変更手続きと、医師国保の氏名変更手続きは別書類なので、医師会は旧姓のまま活動できたのかもしれません(要確認)。

産業医講習会は旧姓でも問題なく通っていた

ちなみに、産業医講習会の登録をした時はまだ独身で、もちろん旧姓でした。

その後、医師会に氏名変更手続きをした後も、問題なく旧姓のまま産業医講習会の受付をしてくれていて、医師会の登録名と違っても講習費を請求されることは全くなく、普通に旧姓で受付してくれていました。

新規申請のため窓口に行ってみた

所定の単位をとれば、産業医申請書類を取り寄せて郵送で新規申請手続きができます。

しかし私の場合、名前の問題があるため、都道府県医師会の窓口に出向きました。

すると案の定、医師会の登録名と異なっている云々言われました。

医籍は新姓に変更してあるが、医師免許は旧姓のままであることを説明したところ、何人かの上司と相談。みな首を捻っていました。

結局、日本医師会に問い合わせ。

……

結果、「旧姓医師免許証のコピーがあれば、それに合わせて産業医を登録する」との回答でした。

日本医師会さん、迅速な回答ありがとうございました。

急いで医師免許証のコピーを用意して無事書類の提出が完了しました!

まとめ

本来、医師会員であれば産業医の新姓において医師免許証のコピーは提出不要ですが、旧姓の医師免許証のコピーをつけることで、旧姓で産業医の新規申請を受け付けてくれました。

必要な皆様、ご参考になりましたでしょうか。

-手続き